社員紹介

化学品事業

J.A.

工業材料部 第二課
大学院 工学研究科 生物機能工学専攻 修了

知的好奇心を満たしながら
新しい商材の開発に
情熱を燃やす

  • Works Style 仕事について

    お客様が何を求めているかを考えながら提案
    工業材料部に所属しています。セールスエンジニアとして、建材や土木、アルミ業界向けの添加剤を担当しています。日本では取扱いが少なく、性質が伝わりづらい商材が多いので、お客様に興味を持っていただけるようその特長やメリットをいかに伝えるかが重要な仕事となっており、お客様が何を求めているか、どうしてほしいのかを洞察し対応するようにしています。また、所属部門の特徴としては、製品の取りまとめ役であるプロダクトリーダーを若いうちから任せてもらえるので、やりがいがありますね。私も入社2年目のときに、年間1,000万円以上の売上を見込める新規顧客との取引を成功させました。
  • Reason 巴工業を選んだ理由

    技術営業、社風、グローバルという3条件
    私が巴工業に入社を決めた理由は3つあります。ひとつは技術営業ができること、もうひとつは会社の雰囲気が良さそうだったこと、そしてグローバルな会社であったことです。私は就活を通して、人と交流をすることや難しいことを自分の中で咀嚼し相手に伝えることが得意だと感じたので、理系の知識も生かせそうな技術営業ができる会社を選びました。また、会社説明会のときの先輩社員や人事担当者とのやりとり、雰囲気を見て、風通しが良さそうな会社だと判断しました。更に今後、日本では人口が減少しますが、世界全体で言えば人口は増加していきます。そのような社会変化の中で、グローバルに活躍している会社が良いだろうと考えたのです。
  • Attractive 巴工業で働く魅力

    知的好奇心を満たしてくれる専門商社の仕事
    私が今取り扱っている商材は、専門的な材料が多く、性能面や価格面でお客様にとってどれほど魅力があるかを、わかりやすく伝えることが第一の仕事です。それによってお客様の製品開発や原材料費のコストダウンのお役に立てることに大きなやりがいを感じます。また、お客様との間に信頼関係が構築できると、「こんな機能を付与する材料を探しているのだけど、何かないかな?」と相談を受けることがあります。現在取り扱っている商材では対応できなかった場合、インターネットなどで調査してお客様に提案ができるのも、商社の魅力の一つであり、好奇心旺盛な私は楽しみながら、日々アンテナを張ってリサーチしています。
  • Vision キャリアビジョン

    私の名前が残る商材の開発に取り組みたい
    巴工業は、アイデアを活かし、自分の力を発揮することができる会社です。例えば、若いうちからプロダクトリーダーとして、サプライヤーと交渉をしたり、全国的な販売方針を決めるなど、責任ある業務を任せてもらえます。もちろん、上司への報告・連絡・相談は必要ですが、自らの意思で世界各国からサプライヤーを探し、自分が“売れる!”と確信した商材を輸入して販売することも可能です。今後は私自身で探しだした海外の商材を売れ筋商品に育成したり、私の名前を残せるような商材の開発に取り組みたいと考えています。そして、会社全体の数字を上げていけるような人材になりたいと思っています。
  • 1DAY SCHEDULE 1日の流れ

    09:00
    海外サプライヤー来日、社内ミーティング。
    販売実績を振り返り、今後の販売方針を決定
    14:00
    サプライヤーと客先訪問。新製品の紹介
    15:30
    サプライヤーと客先訪問。今後の製品品質向上のために、
    使用いただいている製品の不満点等をヒアリング
    18:30
    サプライヤーと会食
    20:00
    業務を終え、帰宅