社員紹介

機械事業

T.K.

生産管理部 工程課
機械科 卒
“納期遵守”の
生産ラインを
見守り続けていく
  • Works Style 仕事について

    周囲との信頼関係を構築しながら工程を管理
    生産管理部工程課に所属しています。営業担当者経由でいただくお客様のご要望に沿うよう、機械の設計、調達、製造組立など生産スケジュールを決定していきます。もちろん、実際の業務に携わる設計者や技術者など、多くの関係者の協力なくしては成立しない業務です。関係各部門へと赴き、日程調整の打合せや納期相談をする一方、様々な問い合わせにも対応します。多忙な日々を過ごしていますが、常日頃から関係者の話をよく聞き、誠実に対応することで、信頼関係が構築できると考えていますし、生産工程も円滑に回っていくと感じています。
  • Reason 巴工業を選んだ理由

    理想的なワークライフバランスを実現できる
    学生時代に機械について学んでいたため、伝統ある機械メーカーの巴工業に興味を持ちました。しかし、遠心分離機についてはほとんど知識もなく、パッと頭に浮かんだのは、試験管の中の液体を分離するために医療分野で使用される機械でした。会社のことを調べていくうちに、待遇面でも魅力ある会社であることがわかってきます。給与も高水準であり、ライン生産ではないため交代勤務はなく、就業時間が9:00~17:30で固定です。ワークライフバランスを考えると、今、自分が非常に恵まれた環境にあると実感しています。
  • Attractive 巴工業で働く魅力

    関係各部門と連携を図りながら問題を解決
    工程課では、関係各部門と連携を図りながら設計・調達・製造組立などの日程や納期を決定します。その過程で、各部門の担当者とコミュニケーションが深まります。無事に機械を出荷したときや、トラブル時に私を含めた担当者全員が全力で対処し解決できたときに、大きな達成感を感じます。入社当初は製造部製造課に配属となり、組み立ての仕事に従事していました。部門長からの「工程管理の仕事に挑戦してみないか」との助言に対し、ふたつ返事で飛びつきましたね。製造課に所属していたころに比べると忙しくなりましたが、その分、やりがいも大きく、充実した毎日を送っています。
  • Vision キャリアビジョン

    経験を活かしたセールスエンジニアに挑戦
    現在、従事している工程課の業務では、工場における多種多様な経験と知識が必要となります。近い将来は資材調達や製品加工のノウハウを学び、今後、工程課で仕事をしていくうえで必要となるベースにできればと思います。また、私は入社してからこれまでずっと工場内で勤務してきましたが、ゆくゆくはセールスエンジニアとして営業に携わりたいですね。工場勤務で得た知識を生かしながら機械を販売することができるようになりたいので、今は、しっかりと知識を養う時期だと考えています。
  • 1DAY SCHEDULE 1日の流れ

    09:00
    工程課内朝礼
    10:00
    現場視察、機械製作進捗確認
    13:00
    部品納期の確認と調整
    14:00
    新規手配について各課と納期打合せ
    16:00
    各種スケジュール資料作成
    17:30
    業務を終え、帰宅