巴工業株式会社

遠心分離機とは
Centrifuge

  1. 機械事業TOP
  2. 遠心分離機とは
  3. 遠心分離機の仕組み

遠心分離機の仕組み

遠心分離とは

「遠心分離」とは、遠心力を利用して比重差のあるものを分離することです。

例えば「水と油」のように比重差があれば自然沈降によって分離しますが、重力1Gのみの沈降になるため、比重の重いものが沈降するまでに時間がかかります。しかしこれを回転させ遠心力を加えて遠心沈降させることにより、短時間で沈降・分離をすることができます。

自然沈降
自然沈降(デカンテーション)
重力のみの1Gでの沈降は比重の重い固形物が沈降するまでに時間がかかります。
遠心沈降
遠心沈降
原液に回転を与える事で遠心力が発生し、自然沈降よりも短い時間で沈降します。

沈殿物を分離

自然沈降においても、比重差があれば分離します。

遠心分離機の役割

名称 比重
母液 水、
溶剤等
1
0.7~1.2
沈降物 固形物 0.8~7

当社が主力とするデカンタ遠心分離機は重力の数千倍~数万倍の遠心力で、目的物を強制的に遠心沈殿させ、分離して取り出す機器で、『素早く』『極めて大量に』『連続的に』分離ができるという特徴から、多種多様な用途で利用されており、代表的な用途としては、

  • 食品(スリ身、ジュース、調味料、エキス)
  • 化学(高純度テレフタル酸、塩化ビニル、ポリプロピレン、ポリエチレン)
  • 環境保全(下水、し尿)の他、医薬(抗生物質、薬用菌体)
  • エネルギー(燃料油、排脱石膏)、リサイクル(工業廃水、廃プラスチック)
  • その他(石炭、タール、泥水、研磨剤、PCB等)

などがあります。

遠心力

物体に働く遠心力には、回転の中心から物体までの距離(回転半径)と回転の速さが関係します。

遠心力

遠心効果 ≒ 895 / rN2

※r:回転半径(m)、N:回転数(min-1)

身近な例

種類 遠心力
1 自然沈降 1G
2 水の入ったバケツを回す 2~3G
3 F1のコーナリング 3~5G
4 戦闘機の急旋回 9G
5 洗濯機の脱水 30~50G
6 デカンタ型遠心分離機 1,000~ 3,000G
7 円筒型遠心分離機 15,000~20,000G

デカンタ型の鳥瞰図

デカンタ型の鳥瞰図

デカンタ分離機構

デカンタ型遠心分離機の特徴

  • 回転筒とスクリュウコンベアが共に回転し遠心力を発生(スクリュウコンベアはやや遅い速度)
  • フィードチューブから供給液を供給
  • 凝集剤使用時は、凝集剤も添加
  • 回転筒内で固形物と分離液に分離
  • 固形物はスクリュウコンベアで図の左側へ搬送され、脱水して排出
  • 分離液は図右側のダムをオーバーフローして排出

お問い合わせ