巴工業株式会社

商品情報
products

  1. 化学品事業TOP
  2. 商品情報
  3. 電子材料
  4. 環境対応型フッ素系高機能製品

環境対応型フッ素系高機能製品

概要

フッ素系素材の特徴である低い表面張力、非粘着性、高撥水・撥油性を最大に活用したコーティング剤です。国際的な規制で製造・使用禁止が検討されている物質や誘導体を使用しない、オゾン破壊・地球温暖化に配慮した環境対応型フッ素系製品です。

商品概要

地球温暖化、地球規模の平均温度上昇といった話題を見聞きする昨今ですが、この原因と言われる物質に「フロンガス」が議論されることが多くなっていることと思います。フッ素系化合物は極めて安定的性質を持っていますが、逆に言いますと生体内や自然環境に残留・蓄積してゆくことが大きな問題となります。地球環境保全の意味でも近年は難分解性化学物質や生体蓄積性化学物質は、製造禁止・使用禁止とする国際的な規制が検討されています。
具体的にはPFOS、PFOP、PFOAの製造・使用の禁止などの自主規制が始まっています。
巴工業はこれら物質及びそれら誘導体を使用しない、オゾン破壊・地球温暖化に配慮した環境対応型フッ素系製品を提供いたします。
 

商品ラインナップ・物性(商品一覧・仕様・特性)

環境対応型フッ素系コーティング剤
フッ素系素材の特徴である低い表面張力、非粘着性、高撥水・撥油性を最大に活用したコーティング剤です。PFOSおよびそれらの誘導体は使用しておりません。お客様のご要望に従い、分子設計・合成・配合を致します。撥水・撥油剤、潤滑剤、指紋付着防止、オイルバリヤ、樹脂金型離型剤、電子部品用コーティング剤等にお使い頂けます。

離型剤
  フッ素系離型剤 シリコーン系離型剤 ワックス系離型剤
塗膜の特徴 乾燥塗膜 オイル状塗膜 固形塗膜
膜厚(µm) 1以下 1~20 30~50
臨界表面張力(mN/m) 6~10 25 31
離形機構 界面離型 層間剥離 層間剥離
フッ素系離型剤の特徴

・ 表面張力が極めて低く(6~10mN/m)、浸透力に優れている。
・ 優れた非粘着性、離型性、離型持続性を有し、1回の塗布で連続して成型が可能。
・ 金型にごく少量塗布することで効果を発揮。
・ 不燃性で耐熱性、絶縁性に優れる。
・ 熱的化学的に安定性が高く、比較的高い金型温度でも熱分解を起こさない。
・ 耐汚染性に優れ、金型の汚れが少なく後処理の手間を軽減できる。
・ 薄い皮膜で離型するため、成形品の寸法精度が高い。


IT基盤の防湿コート
  溶剤型 無溶剤型 フッ素系溶剤型
皮膜成分 ウレタン
アクリル
ゴム
ウレタン
シリコーン
フッ素樹脂
長所 安価
実績
溶媒型
高膜厚
安全性
高防湿性
高電気特性
乾燥性
低粘度
短所 PRTR法
引火点、消防法
毒性
高粘度
硬化に時間を要す
信頼性
高価
フラックス這い上がり防止

オイルバリアー

防湿コーティング剤 フルオマートP-5511
フッ素系コーテイング剤で高い撥水撥油性を有するので各種用途に対し、防湿、防水、耐酸性、耐腐食性効果を発揮します。

特徴
1.コーテイング方法
  浸漬、刷毛塗、スプレーガン等各種方法が可能です。
  常温乾燥で安定な樹脂皮膜が形成されます。
2.コーテイング皮膜は防水性、防湿性、撥水性、撥油性、耐酸性、耐腐食性、絶縁性を有し、
  水分や腐食性物質から素材をガードします。
1.防湿性が高い(ウレタンの約4倍)ので膜厚が薄くても良好です。
4.1~50ミクロン程度の膜厚対応ができます。
5.使用されている溶剤は不燃性溶剤なので引火性がなく、毒性も低いため、良好な職場環境が
  得られます。
  PRTR法・労安法・消防法などの規制もクリヤーします。
6.素材の金属やプラスチックに対しても安定です。
7.低誘電率なので、高周波基板の防湿に最適です。

用途
1.プリント基板の防湿コーテイングではウレタンやシリコーン代替に最適です。
2.エアコンなどの電子基板の腐食防止。
1.電子機器や電子部品の防水処理。
4.塩酸・硫酸・亜硫酸ガス・電池の電解液などから金属部分を保護します。
5.食塩水に対しても良好な保護作用を発揮します。
6.高周波基板の防湿コーテイング。

フルオマートP-5511のテスト結果
防湿性(JIS-Z-0208 40℃ 90%RH)
別表


フラックス這い上がり防止剤、樹脂不着防止剤、オイルバリヤ
フルオマートP-5510(固形分濃度 0.2-8.0%)
フルオマートP-5511(固形分濃度 0.2-4.0%)

特徴
1.即乾性
2.搭載部品やプラスチックへの影響なし
1.リペア時のハンダ付け可能
4.水の接触角 119度

お問い合わせ

電子材料部
〒141-0001
東京都品川区北品川五丁目5番15号
大崎ブライトコア19階
TEL:03-3442-5143 FAX:03-3442-5175

一覧へ戻る